TVer(ティーバー)

TVer(ティーバー)の基本情報やユーザー属性、広告の特徴について解説します。

TVerとは

「TVer」は、民放テレビ局がひとつになった新しいプラットフォームです。
各局の約500番組以上のコンテンツをすべて無料でスマートデバイス(SD)・パソコン(PC)・コネクテッドTV(CTV)に配信します。

TVer(ティーバー)の特徴

  • アプリダウンロード数:5,000万(2022年7月時点)
  • 再生数(TVer単体):2億5,300万(2022年3月時点・株式会社TVer調べ)
  • MUB(TVer 単体):1,850万(2022年1月時点・株式会社ビデオリサーチ調べ)
  • 認知率(15~69歳/男女):66.6%(2022年7月時点・株式会社マクロミル調べ)

MUB:マンスリーユニークブラウザ
Monthly Unique Browsers

ユーザー属性

  • エリアは人口動態に近い形で分布
  • 属性は人口構成比と比較してもバランス良く構成

(「TVer広告」セールスシートより)

TVer(ティーバー)のエリア別ユーザー分布

(TVer調べ)

2021年10-12月 デモグラ別UB構成比

TVer(ティーバー)のデモグラ別UB構成比

(2022年1月・株式会社ビデオリサーチ調べ)

UB:ユニークブラウザ
Unique Browsers

広告の特徴

高視聴完了アイコン

高い視聴完了率で広告認知を実現

嫌悪感なしアイコン

嫌悪感・違和感なく広告が受け入れられる

ターゲティングアイコン

コネクテッドTVでのターゲティング

(「TVer広告」セールスシートより)

高い視聴完了率で広告認知を実現

CMの視聴完了率が高く、有音で再生される視聴環境のため「CMメッセージ」が伝わりやすい特徴があります。

CMの視聴完了率が高い

(2021年10-12月TVer広告実績)

CMの有音完視聴率が高い

(TVer調べ)

※広告が完全にリーチした時、画面に50%以上が表示され、オーディブルなインプレッションの割合

嫌悪感・違和感なく広告が受け入れられる

権利処理済且つ、JIAAのブランドセーフティ基準(※)を満たした「安⼼・安全」なコンテンツにのみCMを配信。途中に広告が入ることへの違和感や嫌悪感が低い特徴があります。

広告枠構成例

上記は 1時間構成のドラマを基に作成しております。広告枠数と枠構成は番組や構成時間によって大きく異なります。

動画広告を自然に見られる 子どもや青少年に不適切・不快な表現がある

(左:株式会社ビデオリサーチ調べ)

(右:2021年10月時点・株式会社マクロミル調べ)

(※JIAA(一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会)制定の
広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)』)

民放CU:民放キャッチアップ
(一般的に見逃し配信のことを指す)

コネクテッドTVでのターゲティング

成長が続くコネクテッドTVでもアンケートデータをベースにターゲティング配信が可能です。

テレビデバイスでの視聴比率は年々増加傾向(以下、デバイス別UB数割合)

デバイス別UB数割合

Streaming Device

テレビ本体のみで結線が可能となるテレビ端末
(SONY BRAVIA,SHARP AQUOS等)

Streaming Device

スマートTVを保有せずともHDMIに挿すことで結線が可能になるデバイス
(FireStick,ChromeCast等)

Set Top Box

主にケーブルテレビ事業者や回線事業者が提供するデジタル専用チューナー
(J:COM LINK等)

Gaming Device

ゲーム機本体とテレビを繋げネット回線を接続することが可能なデバイス
(PS5,Nintendo Switch等)

御見積り・お問い合わせはこちら 24時間以内に対応します(御見積りは依頼後5営業日~提出)

ページの先頭へ